カードローンに限らず、どのような形にしろ借金というものを金融機関から行う場合には審査を受けなければならないのはご存知のことと思います。

そのような審査の際に、貸付を行う側が参考にするものとして個人信用情報というものがあります。

一度は聞いたことがあるという人も多いかもしれませんね。しかしながら、そもそもその個人信用情報とは何なのかということについて正しく知ってる人あまりいないでしょう。 そこで、個人信用情報というものについてちょっと概要をご説明したいと思います。

カードローンに限らずどのような金融サービスを受ける際にも関わってくるものですのでぜひとも知っておきたい予備知識です。

個人信用情報とは貸金業者の間で共有される、個人の信用を推し量るための情報で、具体的な内容としては借入履歴であったり支払い履歴などが該当します。

現在日本で個人信用情報管理している期間は三つ(全国銀行個人信用情報センター、日本信用情報機構、CIC )あり、貸金業法上の総量規制によって、日本信用情報機構とCIC が指定信用情報機関となっています。

どの個人信用機関でも情報は共有されています。

どのような情報が具体的に管理されているかについては本人でも紹介できますので気になる方は一度調べてみるといいかもしれません。